FC2ブログ
GM~踊れドクター 第5話
自分で不可解な行動をとってしまう「他人の手兆候」という症状があるなんて
びっくりです。毎回、知らないことが たくさん出てきて、その度「へえ~」と
ひとり唸っております。片桐はいりさんも いろんな意味で存在感あったなぁ。

多部さんのツッコミにも だんだん鋭さが増してきましたぞ。
おでこをパシッ!と はたき「コラッー!」とか「この すっとこどっこい」っていう
多部さんのツッコミから入る、場面転換も好きでして。
ツッコミから入るというのも パターン化してくんないかな。


ところで、ファイヤーがムーンウォークをする度に、「また後ろ向きに歩いてる」
と桃子が言うけれど、これは‘ムーンウォークのことを知らない桃子’を笑う
ところなんだろうか。どう反応してよいやら わからない。ここのくだり、あまり
おもしろいとは思わないけれど、毎回のように言うので、もしかしたら スタッフ
一押しのギャグなのかもしれない。あるいは、これからの展開の、何かの伏線に
なっているのか。今後を見届けてみよう。

なお、「ファイヤー!」と叫んだ後藤に、「静かに!」と言った時の多部さんの
表情と仕草が良かったことも 見逃してはならない。


なんだかんだ言って「ソウシン」のメンバー、みんな人がいいから好きです。
そんで、おおらかだし。このメンバーで感動巨編な話も見てみたい。

スルメイカ
    「よっちゃんの 『す漬いか』 は病みつきだよな」


[2010/08/17 ] | GM~踊れドクター | コメント(0) | トラックバック(0)
GM~踊れドクター 第4話
毎回、病気の謎解きが面白い。

ハトも病気の一因になるんですね。そこに気付くというのも すごい。

ソウシンの医師は、ものすごく広い視野を持ってないと務まりませんね。


でも そろそろ、多部さんや小池さんのダンスも見てみたいな。家~

気持ち良さそうな芝生だな~。
            「病院の廊下走り隊


[2010/08/09 ] | GM~踊れドクター | コメント(0) | トラックバック(0)
GM~踊れドクター 第3話
第3話は、多部ちゃんの この表情が すべてを物語っていた。

どうも
          「そ~と 覗いて 見てごらん」


[2010/08/03 ] | GM~踊れドクター | コメント(0) | トラックバック(0)
GM~踊れドクター 第2話
椎名結平さん演じる氷室部長も 結構 好きです。やる気があるんだか
ないんだか わからない、飄々としていて、でもなんとなく一所懸命な感じ。
役でこういう味を出すのって、案外 難しいと思う。

中村ゆりさん(ちょっとセクスィーでした)がマラソンの途中で容態が
悪くなり病院に運ばれて来た場面。ファイヤーからテキパキ処置を指示されて
慌てて薬を手に取り、ファイヤーに見せて吊るすだけで 俺やってます的な
氷室部長の動きも面白い。


今回も多部さん、やってくれました。
氷室部長が一人 部屋で 悦に入っているところに、ドア影から半分だけ顔を
出して覗いている桃子。あんた、広島カープの古葉監督か!はたまた
家政婦は見た、の市原悦子か! でも、いいぞ~、こういうの大好き。
今後もこの半顔での登場 続けてもらいたい。この前のシーンで桃子が
「日本人形」と言われる振りがあるだけに、この登場の仕方はまさに
氷室部長の「ぉわ~っ」です。

コピーは三田
「むか~し、むか~し、あるところに・・・」

ファイヤーは皆から拳を向けられる。
「太っていない、お前は。がっちりしている。すっごいがっちりしている。
いわゆる固太りだ」等々、ファイヤーがこれから皆にどんなKY発言を
してくるのかも楽しみ。

病気の発症、解明シーンも「へえ~、そうなんだ」と
知らないことが たくさん出てきて面白い。これは楽しいドラマなんです。

Mr.BOO!
「ってこれ マイケル・ホイ!しかも顔半分じゃなくヒゲ半分!」


[2010/07/27 ] | GM~踊れドクター | コメント(2) | トラックバック(0)
GM~踊れドクター 第1話
この夏、日曜日の夜が楽しみになりそうです。

GM~踊れドクター」第1話、面白かったー。 
桃子役が、多部さんだったから生まれたであろう、セリフの数々。
なにより、多部さん やっぱり かわいい。
ニッコリ笑い「お願いします」のセリフは、ハートにズキューン!


多部さん(桃子だけど)の目をあえて言及する、ファイヤー後藤と氷室先生。
例えば、

ファイヤー「君、目が腫れてるな、大丈夫?」
桃子    「こんな顔です

さらに、

氷室   「君、なぐられた?目」
桃子   「だから、こんな目です
あんまり目のことを言われるので 心配になった桃子が
鏡で自分の目を見て首をかしげる。

ここ、結構 好きなシーンです。
一瞬、鏡の前で オルビスをつけるかと…。

あと、ファイヤーが、桃子を指し「日本人形」と言わせたのは もしかして林氏が
「君届」の爽子のことも 念頭にあってのセリフなのかと。(詳しくは 漫画参照)
さらに、桃子がファイヤーに「ひょっとして、ほんまもんのバカぁ?」と言った時
思わずエヴァのアスカだ、と思ってしまった。こんなこと思うのは、私だけ?
うん、君だけ。 君だけに、ああ君だけに・・・ 

ちなみに‘ほんまもん’と言った時の、多部さんのごくごく微量な関西
アクセントは、他の作品にも、時々出てきますね。(ですよね?関西の皆様)
これ私、密かに多部さんの特徴の1つだと思っています。


最後、アメリカに帰ると言うファイヤー後藤を追いかける多部さん。
その時、ふわりとおでこが…。おでこに目がロックオン。それまで前髪
パッツンパッツンでNOおでこだったので、このチラ見的おでこ出現は
萌え効果、抜群でした。


しかし、桃子の言葉をすぐに信じるファイヤー後藤も、かなりの
すっとこどっこいですね。さすが『仮面ぶどう狩り』だけのことはある。

矢部警部補
  「多部ちゃん、今回 この髪は皮膚から直接生えてます」


[2010/07/19 ] | GM~踊れドクター | コメント(2) | トラックバック(0)
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>