FC2ブログ
『 わたしを離さないで 』
6月1日(日)、舞台 『 わたしを離さないで 』 を観ました。ようやく観れたー。
やっぱり多部さん、いいわ~。 なんて言ったらいいのかな、いいんだわ~。
とにかくですね、要するにですね、 「よかったわ~」な舞台でした。ほんとに。

舞台上の多部さんの きりり とした表情が (今回も!)非常に印象的でした!

特にお気に入りは、「ヘールシャム」と呼ばれる学園時のお芝居。セットもすごく
凝っていて、教室や寮の部屋、校舎にある 机などが乱雑に置かれた物置部屋の
ような場所だったりと、どれも立体的で視覚的効果も抜群!って感じで素敵でした。



八尋たちの心は、未来に対する不安と生きる希望とで、絶えずゆれています。

閉鎖的な寄宿学校。 窓から差し込む光。 風にゆれる白いカーテン。
時折聞こえてくる、静かで微かだけれど、校庭のざわめきや鳥のさえずり。
カセットテープの哀愁のある歌。共有する秘密ごと。
これだけでも なんか胸がざわざわしませんか。私はしました(笑) ざわざわ。

大人になった八尋は、ヒールを履いていることもあるんでしょうけど、
ゆったりとした間合いで 足をまっすぐに運んで歩く姿は、大人になった感が
すごくよく表れているなと思いました。これだけをとっても 多部さん、すごっ!
かっこいいし、きれいだし!
ってなりました。(笑)

その他も 見どころ たくさんありますが、いつもながら とりとめないことしか
書けないので、このへんで。

物語の細かいところは、充分に理解できてない所もあるんですけど、(一番最初の
八尋がストレッチャーを押してくる場面とか、あそこ どういう意味だったんだろうw)
それでもすごく楽しめた舞台でした。 できれば、もう一回 観たかったな~。
あと、公演プログラムのインタビューも良い!勢いでクリアファイルも買っちゃたw

a
三浦涼介くんも、木村文乃さんも良かったよ~。
スローモーションで動く生徒のみなさんも良かったよ~。


[2014/06/02 ] | 舞台 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<渇き | ホーム | 心が33回転くらい超えた頃 次につながる>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |