FC2ブログ
青春の光景
傍から見れば なんでもない光景でも、その人にとっては キラキラ光る
青春の1コマである、なんてこと みんな ありますもんね。


『君に届け』オフィシャルブックに多部さんと春馬くんのスペシャル対談
があります。その中で、「撮影現場で楽しかったことは何?」の問いに
多部さん、「ご飯!」と答えていて、食いしん坊な多部さんらしいな、と(笑)
もちろんそこには、現場で(お弁当を)盛りつけてくれるスタッフの愛を
感じて嬉しかったから[本人談]、でもあります!

続けて、「あと、ご飯を食べたあとに、みんなが同じ水道の前で歯を磨いていて。
別に何を話すわけではないんだけど、あの雰囲気は好きだったな
」と語っていて
‘多部さん、変わった光景を切り取るんだなぁ’と ちょっと不思議に思いつつも
こういう何気ないところを切り取る感覚が 好きだなぁ、とも思っていました。

そしたら、スカパーの『シネマホリック プラス』という番組で、
「高校時代の思い出で、楽しかったイベントとかありますか?」の質問に
少し思案をしていた多部さんですが「イベントじゃないんですけど、お弁当を
食べる時間が一番好きで…」と 自分でも苦笑しながら答えていました。

なんでも、一年生の時に仲良くなった6、7人のメンバーで、その後、クラスが
変わっても ずっとそのメンバーで 廊下など場所を転々と変えながらも お弁当を
一緒に食べていたとか。

それにしても、‘イベントじゃないけど お弁当’って、韻を踏んだラップみたい(笑)
ま、それはいいとして。

そして、話をこう括っていました 「・・・みんなで食べて、歯を磨いて・・・
ただ お弁当を食べるだけなんですけど、高校の楽しい思い出ですね
」と。
おお、この状況は まさに・・・。この思い出と 先の撮影現場の光景とが
シンクロしていたのですね。そうか なるほど、合点!


現実の高校と虚構の高校が交差する、二つの世界を見る女の子。
みんなで食事をして みんなで歯磨きをする光景。
多部さんにとってはどちらも、真実の青春の光景だったのですね。
今も青春 真っ盛りの多部さんです。

光の中で。
        「眩しいね、眩しすぎるよ」 by エリ子


[2010/09/29 ] | ダダしゃべり | コメント(0) | トラックバック(0)
<<神無月だよ。 | ホーム | 映画「君に届け」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |