FC2ブログ
『 尺には尺を 』 を鑑賞する
6月、『 尺には尺を 』 を梅田芸術劇場シアタードラマシティ で観てきました。

開演10分くらい前に劇場に入ったのですが、すでに舞台上では多部さんを
はじめ 俳優の方たちがウォーミングアップ的なことをされていたので、ちょっと
びっくりしました。こういうの舞台ではよくあることなんでしょうかね。僕はあまり
舞台を観に行かないのでわかりませんが、これを わざわざ観客の前でする
意図は何なんだろうと不思議に思ったのでした。いつもなら、芝居が始まって
颯爽と多部さんが出てくると、「多部ちゃん、来たー!!」 って心の中で思うの
ですが(笑)、今回は芝居が始まる前に見ちゃっているので、僕のテンションが
なんだか ふわ~としたまま舞台が始まったのでした。

あ、このウォーミングアップ時、石井愃一さんが ファンの方なのか 知り合いの
方だったのかわかりませんが、その客席に向けて笑顔で手を振っていましたw
そうそう石井愃一さん、むかしTV版 『 ねらわれた学園 』 (原田知世さん主演)に
出てたんですよ。僕はその時のイメージがすんごいあって、今回 生で石井さん
見られてけっこう感激しました。(笑)

感激したと言えばもうひとり、辻萬長さん。市川崑監督の金田一耕助シリーズ
映画 『 犬神家の一族 』 『 悪魔の手毬唄 』 『 獄門島 』 に、加藤武さん演じる
警部の 部下の刑事役で出られていまして、これら映画が大好きな僕は、今回
生で辻さんを見るのを 楽しみのひとつにしていたのでした。

藤木直人さんはテレビで見た通りの かっこええ人でした。なんとなくですが
観客の女性の多くは、藤木さんを見に来ているような いないような ・・・・・ w

さてお話ですが、今回も予備知識なしで観まして(シェイクスピアに関する知識は
ほぼゼロw)、こんなに笑う所のある芝居だと思っていなかったので意外でした。
多部さん演じる純粋すぎる修道女が笑えて面白かったです。
えっと、ここが印象に残っているっていう場面は特になかったのですが(笑)
修道女姿の多部さんは、動くたび スカートや頭にかぶっているベールがヒラヒラ
と波打つように動き、それが純粋すぎるキャラとも相まって、とっても可憐でしたw



最後、
蜷川さんの大きな写真が出てきた時は、ちょっと ぐっと来るものがありました。

a
「辻には萬を」 「多部には肉を」


[2016/07/29 ] | 舞台 | コメント(2) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>