FC2ブログ
僕のいた時間 第四話
拓人からの別れ話。あまりに突然のことで 何が何だか分からない恵。この
拓人の別れ話は同時に、僕ら視聴者に、これから試練の時間がやってきますよ、
楽しかったラブラブな話も ここまでですよ、という合図なのかもしれません。

兄 拓人に対して憎まれ口をたたく、弟 陸人は、“ 友達 ” という言葉に敏感に
反応します。そのことから、おそらく陸人は、人とのコミュニケーションが苦手で
友達がいない、ということが推測されます。それに対して兄の拓人は友達が多い。
陸人の兄への妬みや羨望は、自身のコンプレックスにもなっていて、その感情の
裏返しが、兄やその友達に対して あのような態度をとるのでしょう。でも そんな
弟のことを、拓人は見抜いているのでしょう。

これからの話の展開、この弟がどんな行動をとるのかも 楽しみの一つです。

a
『 涙は溢れる感情の結晶 』  by : 木下優樹菜 (笑っていいとも!)」


[2014/01/31 ] | 僕のいた時間 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>