FC2ブログ
ミュージカル
おお、多部さん 今日NHK大阪放送局に来てたんですね!
ちょっと親近感。関西、「ウェルかむ」。


”私の人生の中で史上最高の作品です。”と多部さんに言わしめた
ミュージカル「ウィキッド」ってどんなんか興味ある~。(桂 小枝ふうに)

しかし、ミュージカルにはまだ若干の抵抗感があるのも事実。例えば、
悲しい場面の所で、急に歌いだすと‘結構、余裕あるやん‘と心の中で
つまらないツッコミを入れてしまう自分がいる。(自分のアホー!)

とは言え、ミュージカル映画で好きなものもあります。
「雨に唄えば」 有名な雨のシーン。何度見ても良いですね。
さすがハリウッド、雨の量もハンパねぇ。(トータルテンボス 藤田ふうに)
やっぱりジーン・ケリー、歌やダンスは、見る人の目を引き付けてやまない!
そして、この映画は歌や踊りもさることながら、コメディーとしても面白かったです。

でも、私の中でミュージカル映画と言えば、この人、フレッド・アステア!です。
この人のタップダンスは、すごいとしか言いようがありません。まさに名人。

ジーン・ケリーの力強いダンスと違って、アステアはあくまで軽く、しなやか。
タップダンスを踊っている間ずっと、地上から2~3センチ浮いてるんじゃないかって
思うくらい軽やかで、そして優雅です。

ジンジャー・ロジャースとのコンビが有名で「トップ・ハット」や「踊らん哉」など
たくさんのミュージカル映画が誕生しました。この2作品、特に好き。

晩年のフレッド・アステアでは、「タワーリング・インフェルノ」(あの超高層ビルの
火災を描いた、こわい映画)の心やさしいおじいさんがとても印象に残っています。


あ~、ミュージカル。興味あるけど、どうしよう・・・。

フレッド・アステア1 フレッド・アステア2
                  「かっこいい!!」


[2009/09/10 ] | 映画 | コメント(14) | トラックバック(0)
| ホーム |