FC2ブログ
ラストホープ 第11話 (最終回)
最終回、それぞれのエピソードが 全部うまいこと終結しました。

全員、過去に ものすごく囚われていた割には、みんな最後は 意外と
あっさり腑に落ちたようで、「今まで なんやったんや!」 と思いましたが
そこは一流の医師たち、気持ちの切り替えも めっちゃ早いのであります。

良く言えば、このような寛容な心を持つに至ったのは、メンバーたちが
仕事を通して いろいろな経験を積み重ねたことで 人としても成長したのだ、
過去を受け入れたのは その証である、と。 な~んつって(笑)


終わっちゃいました。

次の作品はなんだろう。 早く見たいな。 でも今は、どうぞ ごゆるりと。

a
「医院長、あなたの揉み上げを左右つなげるチームを発足しました」 「なに!?」


b
                    「バイバイ」


[2013/03/27 ] | ラストホープ | コメント(4) | トラックバック(0)
ラストホープ 第10話
話は少しづつ前に進んでいますが、まだ解明されていない諸々が多くあり・・・
ああ、それなのに それなのに、来週は もう最終回。大丈夫なんでしょうかw 

すべての事柄を終結させるために、最終回はバタバタした感じになりました、って
のは イヤなんで、それだけは避けて欲しいんですけど。w

とかなんとかブツクサ言っとりますが、来週で終わり というのは、やはり
寂しいです。毎週 多部さんを見れていたのに、それがなくなりますから。
多部さんの 次のお仕事の予定が分からないので、余計に心許ないんですよね。

1
    「この振り向き顔、いかにも “ 多部さん ” って感じがするw」


[2013/03/20 ] | ラストホープ | コメント(0) | トラックバック(0)
ラストホープ 第9話
私が過去のエピソードを、ちゃんと整理できていれば、もっと楽しめたはず。
過去のシーンで 会話の中に 人の名前が出るたび 「え~と、誰のことだっけ?」
と頭の中で検索を始めましたが、今も人間関係が いまいち わかっていませんw

ちょっと面倒だけど、初回から見直すしかないかな

心に残ったシーンは、橘先生が古牧先生に対して「私は今のままのあんたで
いてほしい」と言うところ。このセリフ1つで、橘先生の内面が 少しだけ見えた
ような気がして 好きな場面です。

a
   「橘先生、う、後ろにゴジラが・・・。ゴジラがいます!」  「は?」

b
                 「 ・・・ ホンマや!」


[2013/03/13 ] | ラストホープ | コメント(4) | トラックバック(0)
ラストホープ 第8話
今回の話のテーマは「覚悟」ですね。
大事ですよね「覚悟」。言い方を変えれば「腹を据える」ってことやね。
ひとは その瞬間に 自分の進む道がハッキリ見えてくるんでしょうね。
わ~、なんか いろいろと考えさせられますな~。

毎回ある、メンバーたちの ちょっとした緩い会話も今回はなし。
シビアな場面が続く。そして、様々な謎が徐々に ・・・ 解かれないw
てか、また新たな謎が! そろそろ 『 ラストホープ 』 も最終章に入ると
思いますけれど、物語の収拾はつくのでしょうかw

第8話
  「町医者、あんたがいると キャプチャ画に気をつかうことを覚えとけ」


[2013/03/06 ] | ラストホープ | コメント(4) | トラックバック(0)
ラストホープ 第7話
多部さんの出番、少なっ。 

でもでも、
回想シーンの・・・あれは回想シーンなのか? それとも現在のこと? か
どうかは分からないですけど、美歩が夜歩いている時、誰かにつけられている
サスペンスフルな場面の、多部さんのトレンチコート姿が 結構かっこよかった
これで 「 洋服の青山 」 レディス・トレンチコートのCM、決まりだね! 

今回、坂崎(石田ひかりさん)の術後のフォローが描かれていて、少しスッキリ。
第4話の時は 坂崎さんの術後の経過が、放ったらかしにされてましたのでw
だけど坂崎さん、最後はまた大変なことに!

谷村さんと多部さんの絡みは 今回なし。来週には見れるかも。楽しみ。


メンバーたちのキャラが、過去と現在とで ギャップがありすぎてw.
ギャップが少ないのは橘美歩だけだなぁ。 あとのひとは なんだか
得体の知れない人たちに見える。ある意味、これ、サイコドラマかもw.
 
谷村美月さん
       「なんとなく顔が大人になったような気がします ・・・ 」


[2013/02/27 ] | ラストホープ | コメント(2) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>