FC2ブログ
ミュージカル!!
おお、多部さん 舞台で 『 トップ・ハット 』 するんですね!!
大好きな名コンビ、フレッド・アステアとジンジャー・ロジャースの
この映画を多部さんが!舞台で!するなんて もう楽しみでしかない!! 

期待のあまり自分のなかでハードルを上げすぎないように気をつけますw

ええーと、
大阪は12月1日(土)~5日(水)梅田芸術劇場 メインホール、と。
生で多部さんの歌と踊りが見られると思うと今からワクワクするー!

f
「多部さんと坂本昌行さん」

b
「フレッド・アステアとジンジャー・ロジャース」

g
「フレッド・アステアとジンジャー・ロジャース」


[2018/05/04 ] | 舞台 | コメント(0) | トラックバック(0)
舞台 『 オーランドー 』
22日 台風21号接近中のなか、兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール
2階席にて、17時開演 舞台 『 オーランドー 』 を観てきました。

すごい面白かったです。思いっきり多部さんを堪能できる舞台でした。
物語の前半は男性として、後半は女性としてのオーランドーが楽しめます。
少年から女性へ・・・ 多部さんの魅力がこれほど発揮できる ぴったりの役が
あるでしょうか!

やっぱり多部さん 声がいい! 第一声のセリフから劇場内に響き、張りのある
その声は まるで場内に結界を張ったかのようにオーランドーの世界へと僕たち
を誘ってくれます。
カーテンコールの時は、一転 細い声で「ありがとうございました」でしたけどw

生演奏の音楽も とても心地よくて、ホントに満足の舞台でした!
ただ、多部さんの あの場面を堪能するにはもっと舞台の近くの席でないと!!

また多部さん×白井晃さんで 舞台を見てみたいな。


帰り、台風の影響で、阪神・阪急(神戸線)・JR(神戸線)の電車が運休してしまい
帰るのに ひと苦労しましたが、まあ これはこれで忘れられない体験となりましたw

a
「多部さんは池鉄さんの歌、上手いとは言えない、って対談で言ってましたけど

a
僕は上手いと思いましたよw でも多部さん あの歌うシーンが大好きだそうです」


[2017/10/24 ] | 舞台 | コメント(0) | トラックバック(0)
『 尺には尺を 』 を鑑賞する
6月、『 尺には尺を 』 を梅田芸術劇場シアタードラマシティ で観てきました。

開演10分くらい前に劇場に入ったのですが、すでに舞台上では多部さんを
はじめ 俳優の方たちがウォーミングアップ的なことをされていたので、ちょっと
びっくりしました。こういうの舞台ではよくあることなんでしょうかね。僕はあまり
舞台を観に行かないのでわかりませんが、これを わざわざ観客の前でする
意図は何なんだろうと不思議に思ったのでした。いつもなら、芝居が始まって
颯爽と多部さんが出てくると、「多部ちゃん、来たー!!」 って心の中で思うの
ですが(笑)、今回は芝居が始まる前に見ちゃっているので、僕のテンションが
なんだか ふわ~としたまま舞台が始まったのでした。

あ、このウォーミングアップ時、石井愃一さんが ファンの方なのか 知り合いの
方だったのかわかりませんが、その客席に向けて笑顔で手を振っていましたw
そうそう石井愃一さん、むかしTV版 『 ねらわれた学園 』 (原田知世さん主演)に
出てたんですよ。僕はその時のイメージがすんごいあって、今回 生で石井さん
見られてけっこう感激しました。(笑)

感激したと言えばもうひとり、辻萬長さん。市川崑監督の金田一耕助シリーズ
映画 『 犬神家の一族 』 『 悪魔の手毬唄 』 『 獄門島 』 に、加藤武さん演じる
警部の 部下の刑事役で出られていまして、これら映画が大好きな僕は、今回
生で辻さんを見るのを 楽しみのひとつにしていたのでした。

藤木直人さんはテレビで見た通りの かっこええ人でした。なんとなくですが
観客の女性の多くは、藤木さんを見に来ているような いないような ・・・・・ w

さてお話ですが、今回も予備知識なしで観まして(シェイクスピアに関する知識は
ほぼゼロw)、こんなに笑う所のある芝居だと思っていなかったので意外でした。
多部さん演じる純粋すぎる修道女が笑えて面白かったです。
えっと、ここが印象に残っているっていう場面は特になかったのですが(笑)
修道女姿の多部さんは、動くたび スカートや頭にかぶっているベールがヒラヒラ
と波打つように動き、それが純粋すぎるキャラとも相まって、とっても可憐でしたw



最後、
蜷川さんの大きな写真が出てきた時は、ちょっと ぐっと来るものがありました。

a
「辻には萬を」 「多部には肉を」


[2016/07/29 ] | 舞台 | コメント(2) | トラックバック(0)
舞台 『 ツインズ 』
6日 森ノ宮ピロティホール 大阪公演初日、舞台 『 ツインズ 』 観てきました。

観た感想は ・・・・・・ よくわかりません。えへへへ。

面白いっちゃー面白いんだけれど、どういう所が面白いの? と聞かれると、
「う~ん、どこだろ?」てな感じです。(笑) 特に最後のシーンはすごい謎w
と言うわけで、感想は 「よくわかりません」w

たぶんあれですね、“ 観たお客さんが、あれやこれやいろいろ勝手に
解釈しちゃってください。それが正解です。 ” 的な、そういう作品なのかなと
ボクは思っております。いや そういうことにします。(笑)

多部さん、相変わらずよく通る声で凛とした佇まいは素敵でしたよ。

吉田鋼太郎さん、ご結婚おめでとうございます。

a
2016年1月6日(水) 森ノ宮ピロティホール 舞台 『 ツインズ 』


[2016/01/07 ] | 舞台 | コメント(0) | トラックバック(0)
2016年の舞台
早くも多部さんの2016年の舞台が決定しましたね。

5月25日から始まる その舞台は 『 釈には由美子 』 、もとい

『 尺には尺を 』 作:シェイクスピア、演出:蜷川幸雄さんですね。

 尺には尺を


多部さんと蜷川さんと言えば、『 わたしを離さないで 』

あの舞台良かったなー。ボクは好きだったな、 あの何とも言えない閉塞感の

なか、多部さん演じる八尋だけが、ろうそくの灯のように 儚いけれど、希望 の

光を放っている ・・・・・ そんな多部さんの存在感を堪能できる舞台でしたね。


なので今回の 『 尺には尺を 』 も期待しちゃいますね。 もっともシェイクスピア

の舞台って、今まで一度も見たことないんですけどね。(笑)

a
『 LIGHT IN DARKNESS 』  by : Y.M.O. なんちゃってw


[2015/12/29 ] | 舞台 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>