FC2ブログ
鹿も
知ってます? 夏の奈良ってね、めっちゃ暑いんですよ。 ほんまに。

鹿さんも、少々バテ気味です(笑)

a
 「暑いっちゅうねん。 正味の話、鹿せんべいより をくれっちゅう話ですわ」


[2013/08/20 ] | 旅ゆけば~ | コメント(0) | トラックバック(0)
立春だよ、先生。
ドラマ 『 鹿男あをによし 』 の あの場所。
2012年の今、こんな感じ。
印象的だったあの木も、変わらずに立っています。
あの場所1


小川先生が落ちた小川もそのまま。(ダジャレじゃないよ)
あの場所2


春日大社にて。 鹿さん、水をグビグビ飲んでます。
春日大社


「あるとき ― ヒメが言ったんだよ。お前はとても美しい、と」
鹿
                        「びい」

あと、夫婦大國社には今も、藤原くんと小川先生のサインが飾ってあります。
ちなみにその横には、ライジング・岡村サンと正直剛くんのサインもあります。

どうぞ奈良へお越し。


[2012/02/05 ] | 旅ゆけば~ | コメント(2) | トラックバック(0)
ルート66
プライベートの旅行で、ときどきLAに行っている多部さん。

LAにいる、お友達の所に行っている とのことですが
まさか、そのお友達って、このおじいさんのことだったりして。 (^^)  
昔は理髪店を営んでいたそうなので、メイクだって できるかも。(タベシャ268 参照
アメリカのロケ地、さすがに ここには行けないなぁ。でも行ってみたい。 
    
http://ameblo.jp/gbjyr969/entry-10730593061.html

写真の満面の笑みといい、多部さんの名前をずっと憶えているところなんか
おじいさんから見ても、多部さんは すごく素敵な娘だったのではないでしょうかねぇ。

美木良介さんと
     「多部ちゃん、一緒に ロングブレス をしよう」  「いやです」


[2011/11/06 ] | 旅ゆけば~ | コメント(2) | トラックバック(0)
麗子さん
麗子さんに会ってきました。ほんとに、‘ 麗子、いっぱい。’でした。(笑)
今回の展覧会のポスターにもなっている ≪麗子像≫ は、やっぱり凄かった。
この絵、重要文化財なんですね!全然 知りませんでした。^_^;

麗子、いっぱい。
                「岸田劉生展 ポスター」

思っていたより 小さな絵 (44.2 × 36.4cm) でしたが、実際 見ると
本などの媒体を通して感じる不気味さは、まったくなく、肩掛けの色鮮やかさや
顔のつやなどは、かえって ほっこり明るい雰囲気さえ感じました。
そして何より、一番印象的だったのは、アルカイックスマイルのような、
微笑む麗子のくちびる、淡~いピンクの色です。かわいい、素敵すぎる!

そのほかの≪麗子像≫も、それぞれタッチが違いますが、どれも良かったです。
あと、風景画も良いんです。「道路と土手と塀」(これも重要文化財です)や、
「道と電信柱」とか、何気ない風景なんですが、じいっーと見入ってしまいます。

すっかりファンになりました。
美術館のショップで、麗子の絵の、小さなスタンプが売ってあったので、思わず
買っちゃいました。(どこで使うねん!)

最後に・・・。
僕が窓口でチケットを買おうとした その時、「あの、よろしければ…」と、
展覧会の招待券を、ご親切にも下さった見知らぬ女性の方、この場を借りて
改めて御礼申し上げます。 (こんなブログ 見ないでしょうけど.w)
本当にありがとうございました。 

通天閣
           「大阪市立美術館の正面玄関から見える風景」


[2011/10/18 ] | 旅ゆけば~ | コメント(4) | トラックバック(0)
鉄人28号
土曜日、ぶら~と散歩に行ってきました。その時 撮った写真です。

鉄人28号の原作者である、漫画家 横山光輝氏は、神戸の出身。
ここ、神戸市長田区の 若松公園にある 鉄人28号は、
直立時設定18m、総重量50tの超ビックサイズの鋼鉄製モニュメントです。


でかいぞ!

1 
            正面。で~ん。

2 
            横から。で~ん。

3 
            後から。で~ん。

5
           街灯までも!ちょこん。


6
                  神戸とともに。                  

鉄人28号像の前の商店街には、同じく横山光輝氏の 『 三国志 』 のギャラリー
なんかもあって、ファンには たまらんはず。神戸へも、どうぞ遊びに来て下さい。

そしていつか、みなと神戸が舞台の、多部さん主演作品を見てみたいです。


[2011/09/28 ] | 旅ゆけば~ | コメント(6) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>