FC2ブログ
すみれの花咲く頃
2007年4月1日 NHK総合テレビにて放送。
キャラクシー賞・テレビ部門4月期・月間賞受賞作品です。

非常にシリアスなドラマです。
福島県磐梯山麓のすばらしい山々を背景に、物語全体を覆う閉塞感。
心が痛いような、見終わった後に何かドスン、と くる74分の小さな
しかし、ピリッとした後味を残す作品です。

孤独と反発。あこがれ、夢。変わりたい自分、でも変われない自分。
多部さん演じる君子は、そんな思いを小さな体に抱え、いつもイライラ。

母親が仕事から帰って脱いだ、くたくたになったパンスト。それを見る君子。
おじいちゃんの食べこぼしを拭いたタオルを、汚らしく持つ君子。
家事。介護。薄暗い部屋。自分の実力。閑古鳥がなく商店街。寒さ、等々。
現実をこれでもか、と突きつけられる描写は鋭い。

母親役の秋野暢子さん、おじいちゃん役の笑福亭松之助師匠が
これまた、ゾッとするほどリアルです。


役の性格、冬の寒さも加わって、多部さんの表情もシャキーンとしています。
濱田岳さんを、雑誌でバシーンと たたく場面は、冷たい迫力があります。
笑顔もいいですが、この剃刀のような表情も多部さんらしくて好きです。
青いリボンの制服も素敵です。



君子の最後の決断を含め、何か考えさせられる作品っていいですね。
語るのも難しいけど。

このドラマは数年後、数十年後に再放送されても、見た人の心を揺さぶる
普遍的なテーマのある作品だと思います。
tabe 41
      「小さな一歩は偉大な一歩」



続きを読む
[2009/05/25 ] | すみれの花咲く頃 | コメント(4) | トラックバック(0)
| ホーム |